配管材料・配管継手に関する・トピックス pg.3


2010年10月18日 <三菱樹脂・ホームページ

三菱樹脂株式会社は、建築物の防火区画の配管に使用できる排水用硬質塩化ビニル管「ヒシパイプ耐火VPα」及び塩化ビニル継手「耐火DVα」を開発しました。現在、公的機関の認証取得に向けた準備を進めており、今冬に販売を開始する予定です。

「ヒシパイプ耐火VPαTM」は、三層構造の塩ビ管の中間層に特殊な無機物を配合することによって、火災時のパイプの残渣が貫通部を塞ぎ、火炎の延焼を防ぎます。建築基準法に基づく性能評価「防災区画等を貫通する給排水管等」の各試験条件での燃焼試験も既に実施しており、その性能を確認しています。また、通常の塩ビ管・継手と同様に、切断や接着が可能、かつ軽量であるなど、施工性に優れているため、施工費を含めたトータルコストで大幅なコスト縮減が実現できます。さらに、耐火塩ビ管・継手としては業界で初めてマテリアルリサイクルも可能な製品です。

2010年10月12日 <ベン・新製品情報>
株式会社ベンは、目視により流体流れの確認、機器やスチームトラップ作動確認など、配管内状態の把握に最適な「サイトグラス BS型シリーズ」の新製品を発売開始しました。
スチームトラップ二次側の作動状況などの確認にも最適です。
透視式、フラッパー式、ボール入をラインナップ。

 


2010年09月01日 <お客様へのお知らせ
クボタシーアイ株式会社は、耐震性や耐食性など配管設備の長期的な信頼性を高め、大幅なコスト縮減を実現できる消火設備配管用のポリエチレンパイプ・継手を発売します。
「消火用ポリエチレンパイプ・継手」は、地震や老朽化の影響を受けにくい管材として、火災時に確実に放水できる機能が求められる消火設備配管に適しています。


2010年08月02日 <スリーブシール/カスタムシール
ゴムのもつ「弾性」「伸縮性」及び「絶縁性」を利用したパイプ貫通部のシーリング装置。
●「配管サイズ」と「「スリーブ管サイズ」との組合せにより、従来の充填方法よりも優れています。
●水圧は0.14MPa(1.4kg/cm2)まで対応しています。
●「目視」で締付け確認ができるので、増締めが可能です。
●「カスタムシール」の追加で、使用範囲が拡大しました。
●「鉄管スリーブ」や「コア抜き」貫通部の止水及び絶縁。
●地下外壁、蓄熱槽、雨水槽、受水槽、共同溝、ピットなど貫通部の止水及び絶縁。


2010年07月20日 <透明DV継手の製品情報
使用用途:キッチン・洗面等の排水管の立上り部分に使用。
使用する継手数を削減することで、施工手間や施工不良の軽減ができる。
透明仕様なので接合部を目視確認でき、接着剤の塗り忘れや挿入不足を防止できる。


2010年07月16日
従来エコキュート排水や家庭用食洗器排水用途に販売されている「HTDV-EC継手」の品揃えを拡充し、さらに、厨房排水用途へも対応した「エスロンHTDV継手」としてリニューアル発売されました。

給湯配管として実績のある「エスロンHTパイプ」との組み合わせにより、耐食性に優れ、高温となる厨房排水にも使用可能です。接続受け口にはDV受口形状を採用。継手内面での段差が無いためスムーズな排水が可能です。

呼び径:40・50 ソケット・エルボ・チーズなど全25品種。

Facebook