その他の設備関係・トピックス pg.7


2013年04月12日
 株式会社日本イトミックは、これまで販売してきた3L壁掛小型電気温水器ES-3W/3WTをフルモデルチェンジし、新しくESW03A/03Tとして2013年6月より販売を開始する。
 旧製品ES-3W/3WTはコンパクトな壁掛型で、熱いお湯が出ない安全機構を備えていることから、福祉施設や病院などにおいて多くの実績がある製品だが、さらなる利便性・安全性の向上、施工性の改善、小型化を目的とし、フルモデルチェンジされた。

2012年12月18日
 ウエットマスター(株)は、工場空調・病院空調・クリーンルーム・恒温恒湿施設など特に精密な湿度制御が必要な現場で使用されている、電熱式蒸気加湿器/WM-SJAタイプをモデルチェンジし、WM-SJBタイプとして2013年3月より販売・出荷を開始する。

 


2012年07月26日
 オルガノ株式会社は、水処理に関する技術やノウハウを活かし、水を使って空気を浄化する「住宅用エアワッシャー」を開発し、住宅設備市場向けに販売を開始する。
 フィルターを使わず水で空気を浄化する方式を採用。花粉や黄砂、粉じんなどの微粒子だけでなく、SOx(硫黄酸化物)やNOx(窒素酸化物)、アンモニアなどのガス状物質も水に溶かし込んで除去する。また、フィルターを使用していないため、目詰まり等による運転中の性能低下が少なく、独自の水電解除菌システムにより、装置内部での細菌やカビの繁殖を防ぎ、清潔な空気が供給できる。


2012年06月26日
 東芝キヤリア株式会社は、産業分野での加温処理工程から業務分野での浴槽保温までの様々な用途向けに、適切な温度の熱を効率よく供給可能な循環加温ヒートポンプ「CAONS (カオンズ)700タイプ」(加熱能力70kW、最高出口温度90℃)を、本年8月から発売する。
 新製品「CAONS 700タイプ」は、循環加温ヒートポンプとして最高温である出口水温90℃までの運転を可能とし、ユニットの加熱能力を70kWとした。さらに最大16台のグループ制御も可能している。運転効率面では、加熱COP3.6を達成し、システム設計や運用管理が容易な屋外設置型の空気熱源式である。
  また、オプションのポンプキットを用いれば、給水を行いユニット入口水温が低くなる場合でも、流量制御により最大85℃の温度差をとって高温水を取り出す昇温運転が可能。

 

2012年06月20日
 倉敷化工株式会社は、制震と防振機能を有するビルマルチエアコン用のハイブリッド防振台を発表した。
 この製品は、制震機構の組込みにより、機器に伝わる加速度を水平、鉛直ともに従来の防振台に対して1/2に低減している。制震機構には『ジンバルダンパー』を採用し、地震時の立て揺れ、横揺れをスムーズに吸収する。従来の防振台としての機能である防振性能を維持し、耐震強度も水平2G、鉛直1Gを満足している。

 

2012年04月18日
 株式会社ノーリツは、排熱を再利用して熱効率を95%まで高めた高効率石油ふろ給湯機「エコフィール」の寒冷地仕様の新商品「OTQ-CG 4703(A・SA)WFF 」、「OQB-CG4703WFF」を6月1日から同時発売する。
 スイッチひとつで灯油代と水道代が節約できる『エコスイッチ』と、お湯と灯油の節約状況を見て確認できる『エネルック』を屋内壁掛形(寒冷地向け)エコフィールとしては初めて搭載している。また、小型軽量化や、従来品と給排気の接続位置を合わせるなど、設置工事や取り替え工事が簡易に行える設計となっている。

Facebook